徒然話



徒然話



徒然というより、つらつらと(笑)
日記とは別に、考えてる事とか気がついた事の覚書です。




日々日常の事   音楽の事

5周年企画  6周年企画  8周年企画  10周年企画


日々日常の事
『忘れられないあのひと言』
物語じゃなくて、著名人の忘れられないひと言を集めた本を、先日図書館で見つけて借りてきた。
よい本だなと思った。
で、自分でも考えてみた。

忘れられない一言、というのを考えて、思い出せるものはあまりないなぁと思う。 その時々で、必要になった言葉だったり、助けられたりというのはあったと思うのだけど、 言葉に、というより、その人の行動に助けられたことのほうが、多かったと思うから。
そんなことを考えて振り返ってみると、高校三年間で、はっきりと覚えてる言葉がひとつしか ないことに気がついた。
1年生のときに、副担任の先生に、授業中に言われた

「3年生になったら、酒の飲み方を教えてあげます」

これだけだ。

なんとこの先生、倫理の先生である。
今の親御さんが聞けば、「教師が法律違反を進めるなんて!」と怒る人もいるだろう。
だけど、今思い返してみて、当時の自分たちは、本当に酒の飲み方を教わらなければ ならない立場だったのかもと思う。

私が在籍してたのは職業訓練校で、時代はバブル期の真っ只中だった。 だから、高校を卒業したら、すぐに就職するのが普通だった。
そして、第二次ベビーブームの最後の時期で、子供が大変多く、高校大学入学が とても困難な時代でもあった。
そんな私たちは、社会人になるなら、接待の席もあるだろうし、「未成年なので」が 通用しない場合もある。 親戚の集まりなどで、時々飲まされてた人以外は、酒の飲み方なんて知らなくて当たり前だろう。
さらに、大学生が急性アルコール中毒で死亡なんて事件や事故もたくさんあった。 難関を突破し、さらにバブルという気が大きくなる時期の産物である。
飲み方知らなければ、そんなことになって当たり前だろうと思う。
今振り返って、多分あの時先生は、アルコール中毒とかを憂いて言ったわけじゃないんだろうなと 思うけど、でも、教えてもらったほうがよかったかもな、とか、 急性アルコール中毒でなくなった人たちの周りに、一人でもそういうことを言ってくれて、 実際に教えてくれる人がいれば、起こらなかった事故なんじゃないのかなと思う。

結構型破りだったので、職員室では煙たがれる事もあったらしいその先生は、 私たちが2年になるときに転勤になってしまったので、実際に酒の飲み方を教えてもらってはいない。
私たちの卒業式の時に顔を出して下さって、その時、生徒たちからは拍手喝さいだった。
あれほど、生徒たちからの人望を集めた先生を、私はその先生以外に知らない。

ところで、今、「未成年の飲酒」がかなり厳しく取りしまわれるのは、 それこそバブル時代の、あの急性アルコール中毒の大学生の多発に始まるのではないかと思う。
その時代に高校大学だった子供たちは、今、中学生とか高校生の親になっててもおかしくない年齢だ。
だから、自分の子供たちに、「二十歳までは酒はだめだ!」と頭ごなしに言うのではなく、 そのころの話をして、飲み方を教えてあげてほしいと思う。
これは、酒の飲み方に限った事ではないんだけど。(11.09.04.)
やり始めたら止まらない
思い立ったら突然始めて、終わるまで止まらない事がある。
部屋の模様替えとか、本棚の整理とか、先日から細々とやってる机の上の ものの並べ替えなんかがそうで、昨日も、「もう風呂に入って寝るぞ」って時間に 気になって始めたら、結局寝たのが相当遅くなってしまった。
5月に、久しぶりに雑貨屋さんで棚物を買ったら、それに合わせて机周りの模様替えをしたくなって、 夏前からあちこち動かしてたのだけど、昨日、帰りがけに時々立ち寄る雑貨屋さんに行ってみたら、 前から探してた壁掛け用のアイアンの籠を見つけたので即購入! 掛けようと思ってた場所にかけると、位置が上手くいかない上に前のめりになってしまうので、 どうしようかとあれこれ試してみて。
これが器用な人とか、機転の利く人だと、もっと早くもっとうまいやり方を 見つけられると思うのだけど、何しろ不器用な上に頭の回転が悪いものだから、 中々上手くいかなくて大変だった。
でも大変だったけど、自分にしてはよくやった方だと思う。

折角なので写真に撮った(笑)。
目隠しもしたら、何だかちょっと色が少なくなった。 すっきりさせる為に片付けてるだからこれで良いんだけど、 もう少しごちゃっとしてる方が自分らしいなと思ってみたり。

壁にかかってるぬいぐるみ、ひとつだけは著作権が凄く煩い会社のキャラクターなので、 一部黒抜きにしてみた(笑)。

今までに何度となく部屋の模様替えもやったけど、ここ数年は動かしてない。 今のこの形が、散らかるけど一番使い勝手が良いのだと思う。
形が整えば、後はいる物といらない物を区別するだけなんだけど、 物が捨てられない性格だから、中々決心が付かなくて、結果増える一方。 私の部屋、多分、6畳というスペースからは考えられないほど物が詰まってるんじゃないかと思う。
しょっちゅう物が行方不明になるしなぁ(ーー;)(09.09.02)
一人で入れる店
人と一緒の時には方々へ行きますが、一人で出かけるとしたら行動範囲はかなり限られます。 買い物だったら近場、遠出しても一人で新宿から先へ行く事はほぼ皆無です。
そんなよく行く街でも、立ち寄る場所とか覗くお店は更に限られます。 一人で店を覗くって言うのは、余程知れた場所で無いと、結構勇気が居るんです。
飲食店は特に。
仕事の関係で行った場所ならあまり気に留めないけど、 それ以外だと、疲れた時とかにちょこっと立ち寄れる場所が欲しいと思うのです。
新宿にあるわちふぃーるどのお店にある「ダヤンカフェ」は、 私が気負わずにいける数少ないお店。
新宿であまり長居する事は無いのだけど、お茶飲みたいなあとか、 折角買った本をちょっとだけ覗きたいなぁと思った時に立ち寄ります。
池袋だったら、サンシャインの中のドトール。
ここは勤めてた時から入ってたので、慣れてると言うか、場所に気心が知れてると言うか。 今はスタバに変わってしまった2階のショップも好きだったんだけど・・・。
カウンター席があると、一人の世界を作れるのでちょっと安心なのかも知れません。
神保町へ行った時に「ここが良い!」と思ったのは、先日入ったお店。 カウンター席があるわけではないのだけど、あそこは、一人でも良いから入りたいと思う お店でした。 何があったとかじゃないんだけど、きっと、あのお店の形と、丸テーブルが気に入ったんだと 思います。
お気に入りのお店のある場所だと、出かけていきたくなるんですよね。 特に神保町は、気負わず焦らず行って歩ける街なので、余計ですね。
東京って言うのは面白い街で、例えば山手線に乗ってても、駅ごとに顔が全然違う。 商業地としても繁華街としても栄えてる新宿の隣、代々木の駅前なんて、 下町までは行かないけど随分落ち着いた佇まいだし、 駒込なんて、ほぼまるっきり住宅街。
こういうのを見てると、例えば秋葉原に電気街、御徒町に宝飾と、 それぞれ専門分野を備えた街が出来てくるのも、わかるなぁと思ったりする。(08.01.29.)
春の風物詩
関東のこの辺では、真冬の一番寒い時よりも、2月から3月にかけて、 立春を過ぎてからの、暦上、春になってからの雪の方が多い。
この時期に降るなら、ボタン雪。
少し空気がぬるみ始める頃、梅が咲き、鶯の声を聞き始めると、本当に春の始まり。
同時に、花粉症がやってくる。
もう少し暖かくなって、桜の蕾が膨らんでくると同時に、季節風が吹く。
春は、季節の変わり目だから、気温が高くなれば雨が降るし、晴れた日は風が強い。 それに合わせて、花粉症がひどくなってくる・・・。
桜が咲いてから、暖かくなった気温は、少し下がる。
これがいわゆる、花冷え。
こんな風に、寒くなったり暖かくなったりを繰り返すのが、春の始まり。
三寒四温。
花粉症が始まって、家に溜め込んでおいたポケットティッシュがみるみるうちになくなっていくのが、 我が家の風物詩。
毎年、あれだけ溜め込んでてどうしてなくなるのか良く分からないが、 本当に、あっという間になくなってしまう。
薬も飲んでるし、鼻は詰まってるし、眠くてボーっとしている内に、気づけば ゴールデンウィークが始まって終わっている。
これが、私の春の進み方。
ぼーっとしてる時期と、季節風と戦ってる時期でいっぱいいっぱいで、 桜で季節を感じている為、散ると季節が終わった気分になるので、 とても短く感じる、これが「春」。

ところで、道で配られてるチラシや案内、 見向きもしないし、素通りする人たちが多い中で、 ティッシュを配る人の前に列が出来るのもまた「春の風物詩」といえるのではなかろうかと、 同様に並びながら思う、春本番の今日この頃・・・・。(07.04.10.)
トラベル・バトン
・今までで一番良かった国内旅行先

飛騨高山。
実は、鎌倉じゃないんですよね。鎌倉は、もちろん好きですけどね。
99年のちょうどこの日に、2泊3日で出掛けました。 宿とか友人に全部任せちゃったんですけど、ご飯がおいしくて、お風呂がすごく良かったの。 あの旅館は、今でもちょっと忘れられないな。
ちなみに、次点は、湯西川
ここもお風呂が良かった。
更に、宿の人たちがすごく良くしてくれて、あそこはもう一度行きたいな。
結局、最後に「よかったなぁ」と思うのは、場所じゃなくて、 宿の人たちが、宿泊客に対して、どれ程、「楽しく過ごしてもらおう」としてくれたか、 に、よるんだと思う。


・今までで一番良かった海外

・・・海外脱出が、過去に1回しかありません。
まだ普通に会社員をやっていた頃、会社の45周年記念で、全社で行ったハワイ。 そこしか行った事が無いから、他と比較しようがないからねぇ(苦笑)。
保留で。


・今まで行った海外旅行先

上で答えてしまいました。


・これから行ってみたい国内旅行先

北海道!
やっぱり、一度は行ってみたいですね。
旭山動物園、富良野のラベンダー畑、小樽オルゴール博物館。
真冬の本当に北の方に行って、アザラシにも会いたいな。 そして、一緒に氷上で寝っ転がって微笑みあうのだ(うっとり・・・)。


・これから行ってみたい海外

南極!!!!
えっと、海外で良いんだよね?一応あそこって。
いけるなら、一生に一度は行ってみたいね。
皇帝ペンギンに会うのです!一緒に写真をとるのです!!
あわよくば、フリッパーではたかれてみたいと思うですよ!!
後は、イギリス。
ピーターラビットの生まれたところだからね。 緑と森と羊しか見えない!というその場所に、ぜひとも行きたいです。
湖水地方、コッツウォルズ、ロンドンは、行き帰りに必ず通りそうだから良いとして。 ドーバー海峡とかね。さすがに、ベーカー街はないだろうからなぁ。
他にあげるなら、南米
こちらも一生に一度で良いから、ナスカの地上絵を見てみたいのですよ。
文化遺産とか、歴史的建造物とか、『世界遺産』見てると、良いなぁと思うものね。


・バトンを回したい3人

・・・・・すいません、アンカーでお願いします。
時間空けすぎてしまって、あとどなたのところに回ってるのか、 分からなくなっちゃってるんですよ。申し訳ない。
「回ってない!」と言う方、お持ちいただければ幸いです。


考えてみると、「旅行」って言われて、ぱっと浮かぶほど、たくさんは行って無いと思う。 親戚連中とは、毎年正月に、鬼怒川温泉行ってたけどそれくらいで。
後は、両親の田舎が新潟と伊豆大島なので、里帰りが旅行みたいなものだったよね。 山も海もあったものね。
急いで海外へ行かなくても、日本にだってまだまだ行ってない所ばっかりで、 綺麗なところがたくさんあるし、見てない建造物も世界遺産もたくさんある。
まずは、日本制覇から行きたいね。(06.08.10.)
右寝と左寝
寒い時期は、丸まって寝ます。 右側か左側を下にして、布団との間にできたお腹の隙間に、 クッションかぬいぐるみを入れます。
防寒対策、ばっちりです!
日によって左右は違いますが、最近、気づいた事がありました。
どちらを下にするかによって、夢見が違う!!
どちらかと言えば、悪い夢を見るのは、右を下にしたとき。 絶対とはいえませんが、この冬に入ってからは、そうなんです。
どうしてなのか、ちょっと分析してみたのですが、 お腹の調子と関係しているかもしれません。
「お腹が痛い時には、右側を下にしなさい」と言われてきました。 胃の形状が関係しているのだそうです。 随分下で話してますが、私は、精神的なものとお腹の調子が直結してまして、 切迫してる時にはお腹が痛くなるせいか、 逆にお腹が痛いと、精神的に落ち着かなくなるのです。
夢見の良い悪いは、こういう精神状態も関係してるのかなと思います。
ところで、冬は縮こまって、どこにいるんだかあ分からないくらい 布団にこもって寝てるのですが、 夏は、お腹にだけバスタオルをおいて、万歳状態で寝るのです。 風の通りが良いのです。
本当はこれやると、首の血流が悪くなるのでよくないらしいですね。(05.03.12.)
ご近所自慢
以前日記にも書いた覚えがありますが、うちの近所は、おいしいお店がいっぱいです。
どの辺りがおいしいかといいますと、 お豆腐屋さんがおいしくて、団子屋さんがおいしくて、 ケーキ屋さんがおいしくて、パン屋さんがおいしいのです!
その他、某地域のお店紹介の雑誌に載ったお店もあるそうですが、 そちらは近所でもちょっと離れてるので、行った事はありません。
日々のおやつとご飯で、パン屋さんにお世話になり、 誕生日とクリスマスにはケーキ屋さんにお世話になり、 春秋のお彼岸と、節句とお正月には、団子屋さんにお世話になる。
なんて、幸せな環境なんだ!!
多分、自分が小さい頃から食べなれてるから、 舌がなじんでるというのも理由だと思うのです。
でも、お豆腐屋さんは本当においしいらしいですよ。 親戚の集まりとかにお土産でもって行くと、とても喜ばれます。
ここのお豆腐がおいしい事、私、今年になって初めて実感した。
今年の夏は暑かったので、あまり火を使わないおかずが食卓を埋めました。 一日、豆しかない食卓というのもありましたね。
仕事から帰って来る時間の都合上、冷奴のお豆腐はスーパーで買ってくる事が 多かったのですが、時間のある時に、久しぶりにお豆腐屋さんで買ってきたのを食べて、 「なるほど」と納得しました。 口の中に入れると、溶けるようなんですよね。
はぁ、食べ物の話題って幸せだわ。
おいしいもの食べてると、気持ちが豊かになるから不思議ですね。
さすがにもう、冷奴はやらないけど、もうすぐ冬がくれば、今度は湯豆腐だ!!
熱くて、ほたほたのお豆腐をおもうと、今から顔が緩む。
今年はおでんもやろう。
もちろん、生揚げもおいしいのです。(04.09.25.)
ペンギンと私
出会いは小学校の頃だったでしょうか。 その頃「Let'S Chat」というシリーズでゴーグルかけたペンギンがいたのです。
気がつけばそれが大好きになり、そのシリーズを集めるようになり、 そして、ペンギンは、私の心の友となったのです。
今でも何かあればペンギングッズに手を出し、 ペンギンと聞けば見に行き、いると聞けば会いに行きます。
こんな私が、「外国だったらどこに行きたい?」と 聞かれて答えたのが、「南極」
今ちょうど冬なんだよね。
一番寒い辛い時期を、彼らは、固まってじっと耐えしのいでいる事だろう。
ペンギンの最大の魅力は、水に入ってる時にちょこちょこっと動かすしっぽだと思うの。
どうしてもその場面が見たくて、動物園なり水族館なり、 ペンギンのいる場所に行くとじーっと観察してるんだけど、 なかなかその場面にめぐりあえない。
あのフリッパーではたかれたら、私、至上の幸せだと思うの。 (あー、今日もイっちゃってるわ)(04.07.29)
『価値』
職場にいると良く聞く館内放送、
『お手回り品、貴重品にご注意下さい』
この場合、『貴重品』は、金目のものだと思うの。
でも場合によっては、そうじゃなくても自分にとって貴重なものってあるじゃないですか? そちらを無くした時の方が、ショックは大きいような気がしてる。
そのものの価値は、その人だけしかわからないんだよな。
これ、物だけじゃないと思うんだ。
例えば何か考えてる事があって、気持ちの中ではとても大事だと思ってても、 口にしてみるとたいした事じゃないって言うのがあると思う。
でも、同じように考えてる人がいたら、 その気持ちに賛同してくれる人がいたら、 その考えていた事は、自分の中だけにあった時より、 価値のあるものになるような気がするよ。
多数決の問題じゃなくて、気持ちそのものを理解してくれる という『存在』そのものに価値があるんだと思う。
色んな意味で、私には大事なものが多すぎる。
自分の大事なものは、もれなく重要な価値をもつものだけど、 自分の中で一番の財産は、『友人たち』だと思ってる。
形式的な事でなく、一般に言われてる言葉でなく、本心からそう思う。
身近にいる友人たちだけでなく、ネットを通じて知合った人とか、 自分が『好きだ』と思う人は、私にとって皆大事です。(04.07.17.)
肩の荷
先日まで読んでた本の中に、『荷物が重かったら降ろして下さい』という セリフが出てきた。(その辺りが、私、一番泣いたんだけど)
うーん、ちょっと、考えたんだけど、 世の中に、本当に『重い荷物』を持ってる人って、そうはいないんじゃないかしら?
もちろん、人によって感じ方は違うし、本当にそれが重い人もいるんだけど、 一般的に皆が持ってる荷物は、『重くはないけど、持ちづらい荷物』なんじゃないかと思う。
この荷物を、頭使って簡単に運んでしまう人もいるだろう。 例えば、台車を使ったり、何か道具を使ったり。
一人じゃもてないから、誰かが通りかかって、一緒に持ってもらおうと考える人もいるだろう。
もっと手っ取り早く、自分じゃ持たないって人もいると思う。
でも大抵の人は、自分で何とか持とうと思って、苦労するんじゃないのかな? そして、目の前にいる人が、持ちづらい荷物を持ってる事に、 気付かない人が多いんじゃないのかな?
一人で持とうとしてる人がいるなら、気付いて手伝える人間になりたいな。 そうなるためには、自分の荷物を、ちゃんと持てる人間にならないと駄目だよね。
持ちづらい荷物を簡単に持てる方法って、どういうのがあるんだろう?
自分で分からないうちは、他の人の荷物までは背負えないよね。 誰かに手伝ってもらおうってのが、出来ない人間なんだよなぁ、私・・。 (04.07.10)
寝て暮らす
一年の半分を寝て過ごす。
・・・というと、かなり大げさだけど、 それくらいの時間を、ボーっとしたまま過ごしている。
何もしないで終わっちゃったって言う『ボーっとしてる』というのとは、 少し違うんだけど(いや、でも近いものはあるか)。
年が明けた1月2月辺りは、忙しさもあるし、 風邪さえ引かなければ元気だ。
3月にはいると、花粉症が始まり、薬と酸欠でボーっとしてくる。
花粉症が終わってやれやれと思ってると、気が付けば世間は5月、初夏だ。
暑さには弱いので、またボーっとし始める。
6月の梅雨時期だけ少し元気になって、7.8.9月の 真夏は、もう、ほとんど死人状態。
秋が来て、ようやく人間になるのだ。
数えてみると、半年くらい、意識がままならない時期がある。
そうか、だから1年早いんだな。
昔はここまでひどくなかったんだけど、 花粉症になってから、ボケに磨きのかかってるような気のする今日この頃。 そして、花粉症のせいだけではないという事にも、気付き始めた今日この頃・・・。 (04.04.27.)
パズル
推理小説は、パズルと似ていると思う。
出来上がりの形は始まる前から解っている。 その形に向かって作り上げていくだけなんだけど、 散らばったピースは、色も形も類似していて、 注意してはめていかないと、完成しない。
推理小説も同じ。
結果(完成図)は出てる。 その形になるためのピースが本当にその場所であってるのか、 登場人物の行動や意見、状況描写から見つけていくのが推理小説。
どちらも大切なのは集中力と注意力。
ヒントを見落とさずに行けば、必ずたどり着くのは完成された形になるはず。 推理小説だと、見落としてしまうような事がヒントになってる場合が多いので、 そういうのが難しいかな。
そういやね、推理小説は昔から好きだった。 パズルも好きだった。(主にジグソーパズル)
昔の豆本とかで『推理パズル』と題名に書かれてるものがあったんだけど、 それがどういう意味か、今ようやくわかったと思われる。(←遅すぎ)(04.01.14.)
心の潤いとささやかな贅沢
雑貨が好きです。
時には、日常的に使う細々したものまで代用品で済ませる私が、 見たら後先考えず買ってしまうのが、雑貨。
昔から緑色が好きで、緑色の雑貨は買ってしまうのだけど、 最近は、リーフ柄とかモチーフとかに、限定されつつある。
世知辛い世の中だから、散財の癖を直そうと、 なるべく必要以上はお金を使わないようにしてるんだけど、 それって結構ストレスたまる。
雑貨を買うのは、私のささやかな贅沢だ。
だって、必要なものじゃないもの。
ちょっとの贅沢でも、すると気持ちが豊かになる。 こういうの『無駄』じゃなくて、『余裕』って言っていいと思うんだ。
しかし、余裕の範囲をこすと、後々財布の事情が哀しくなるので、 高いものは買わないようにしている。
出かけるのも一月に1回か多くて2回と決めている。
ルールを決めて行動するのも、 お財布事情を考慮して余裕を持たせるには、 大事な事だと思っている。
(それにしても、やる事がみみっちぃなぁとは、思ったり思わなかったり) (03.10.19)
輪の世界
『リング』とか思って、自分で怖くなっちゃった・・・。
よく自分を中心に世界が回ってる人って言う表現をするけど、 これ、あながち間違ってはいないと思ってる。
例えば人間関係。
コンパスで輪を書くと考えれば、分かりやすいかな?
自分をコンパスの針の中心と考えて、輪を書いてみる。 大きい輪を持つ人、小さい輪を持つ人、それぞれだろう。
隣に、自分の家族や友人の針を置いてみる。
輪と輪が重なる部分が必ずある。 それが共通の友人だったり、家族だったり、親戚だったり、ご近所さんだったり。
その輪の重なる部分が多い人ほど、『自分に近しい人』になるんじゃないかな?
人間関係は、たくさんの輪で成り立っている。
どんなに自分に近い人でも、自分と同じ場所に、中心を持つ人はいない。 たくさんの輪が重なった部分に、輪の中心を持つ人もいる。
こうして考えると、人間は誰でも自分を中心に世界を回している。 面白い。(03.09.19.)
教育論
先日職場で、とてもあたりまえなんだけど、久しぶりに見たという出来事があった。
5歳くらいの男の子が、うちの商品を触っていて落としてしまったんです。 こちらとしては、割れる可能性もあるものだから、怪我がなかったかと心配したのですが、 そこでそのお母さんが息子さんに向かって一言。
『ほら、いけない事したら、何て言うんだっけ?』
男の子は、はにかみながら『ごめんなさい』と、私に向かって頭を下げてくれました。 その後、改めてお母さんが、謝って下さったのです。
最近の親御さんで、お子さんが何かした時、 『お子さんに謝らせる=自分の行動に責任を取らせる』を実行している人と 久しぶりにお会いしました。
昔から『いけないことしたら、ごめんなさいっていうのよ』って言われてますが、 最近のお母さん、やらせてませんね。
ご自分が謝って終わるか、『何やってんの!』って子供に怒って、 何も言わずに立ち去るかのどちらかです。 『何やってんの!』って言われたって、そのまま引きずられてったんじゃ、 何がいけなかったのか、わからない子も居るんじゃないかしら?
『小さい子供の事だから、親が責任を取らなくちゃ』と思うのはあたりまえだけど、 何がいけなくて、何で怒られたのか、それを知らなきゃ子供は成長しないでしょう。 やってしまった事がどうこうではなく、その後、どうするかが『教育』であり、 『躾』何だと思います。
(今、その『躾』を間違えて覚えてる人も多いけどね。
最初から悪いもの汚いものは、見せないようにして、知らなければ何もしないだろう って思ってる親が多いみたいだからね。 しかも見てしまった場合、そんなものを見せるほうが悪いと、 責任転嫁もいい所の言い分を打ち出す人とかね。)
私の意見は子供の立場としての意見です。
親の気持ちは理解できなくても、躾や教育について、 間違った事を言ってるとは思ってませんよ。
少なくとも、やって良い事と悪い事の区別はついてるし、 何かしてしまった場合、自分で責任を取る術もわかってるしね。
うちの親は、私に自分の言動に責任をとる事を教えました。 自分の取った行動の見返りは、良かれ悪かれ自分に返ってくるものだと。
どんなに小さくても、自分の行動には自分で責任を取らせる事、 責任の取り方を教える事、親が子供に教えなくちゃいけない一番大事な事です。 それを、先日の親子の行動を見て、改めて感じました。(03.08.20)
慢性的睡眠不足
夏場は特に。朝明るくなるのが早いし、窓開けて寝てるから 外の音がうるさくて、すぐおきてしまう。
夜が遅い。ある程度涼しい時間にならないと熟睡できないので。
それとは別に、仕事行く日は、特に朝がつらくて仕事中もボーっとしてる。 これ、多分逃避願望なんだと思う。
嫌いじゃないんだけど、やっぱり仕事は嫌なものなのね。
何かが気になって、熟睡できてないらしい。 寝てる時まで、何を心配してるんだか・・・。
『明日は休みだー!力いっぱい寝てやるぜ!!』って思ってる時ほど 早く目がさめる。それだけ眠りが深いって事か。
休みの日でも、2度寝しちゃうとかえってつらいかも。
テレビでも『一度目がさめたらスパッと起きてしまって、昼寝をしたほうが良い』って いってるけど、アレは本当だった。2度寝した日ほど昼寝が出来る(寝すぎ)。 そうすると何もしないで1日が終わる。
ナマケモノの気持ちが良く分かる・・・(←てーか、あんたがナマケモノだ!) (03.07.29)
その家の癖
この間気がついたんだけど、うちって、桃を切って皿に並べて出すって事がないんだ。
うちでは、桃は流しで直接食べるもので、 子供の頃は、首にタオルまで巻いてた。 桃って汁が多いし、服につくと茶色いしみになるでしょう? それを防ぐためだったんだよね。
その家ではあたりまえになってる事でも、 よそ様から見れば不思議なものってあるだろう。 その家でしか、通用しないものってあるよね。
こういうの『生活習慣』ていうのかしら? 多分、気づいてないだけで、探せばもっとたくさんあるんだと思う。
生活習慣とは違うんだけど、 うちって、靴脱ぐときの癖が家族全員一緒なんだ。 たまに、整理してない玄関見ると、笑いたくなる時があるよ。 (03.07.17)
忘却のかなた
かの中島みゆきさんが、歌詞集『愛が好きですU』で書かれてるような 内容ですが、私は記憶力がありません。 ええもう、胸を張って堂々と言えますとも!
子供の頃から実験で使うタオルを忘れたり、調理実習で使う 材料を忘れたりと、必ず何かしら忘れ物をしていた。 これが高校卒業くらいまで確実にあった。 社会人になって、少しましになったんだけど、、 最近、また忘れ物が多くなった。
あああああ、脳細胞が、片っ端から死んでゆくー。と言う 感想を抱いてしまいます。
私の場合、『物忘れ』じゃ無くて本当に『忘れ物』なんだろうな。
物忘れの方は、都合の悪い事は忘れます(笑)。 全然必要の無い事だけは、やたら覚えてるのに、 必要な事は昨日の事どころか、それが昨日あったのか今日あったのか 憶えていないほど憶えて無いわ。
人間誰しもそうだと思いますが、集中して見聞きしてたものとか、 印象に残る出来事とかは憶えていられます。 仕事上、『しまった!忘れた!』って言うのが殆ど無いのは、 お客様の事だけは集中しているからなんだろうな。
私、集中力はあるらしいので、自分の好きな事は覚えてますよ。 ただそれが、生きていくのに全然必要ないって言うだけで・・・。
これって、表題『日々日常の事』なんだよね。 日々日常忘れ物してる、自分はやっぱりアレだろうとか思ったりする。(03.06.26)
名は体を表す
と、言う表現が正しいのかどうか・・・。
字の綺麗な人を尊敬してます。『字が綺麗』と言うのは、 それだけで特技だと思っています。
字はその人そのものを表しているといわれています。 正に、自分その通りかも。
上記のような事を書く位だから、もちろん字には自信がありません! 自分の中で何が一番苦手かって、字を書く事だと思う。
丁寧に書けばいいと思うでしょう?
丁寧に書いてても、クセは無くせない。 私の場合、本っ当にすごい癖字で、その上角張ってて小さいのです。 字が下手でも、字画がしっかりしてれば読みやすいのに、 それが出来てないから、とんでもなく読みづらいのです。
子供の頃、もう少ししっかり、習字習っとけば良かったかなぁ?
この『クセがあって、角張ってて、ちいさい』と言うのが 自分にぴったり当てはまっちゃうと思うんですよ(笑)。
そうなると、タイトル変えないと駄目か。
タイトル改定『書体は、体を表す』。 (おお!私にしてはまともな日本語)(03.05.16.)
言葉の力
(2003.03.12.日記より移動)
言葉っていうのは、使い方によってすごい力を持つと思う。
歯に衣着せぬっていうけど、悪意の言葉には人は傷つくし、 優しい言葉には優しい気持ちが返る。
『言霊』という言葉は、本当だと思っている。
私がよく行くHPは、自作だったりパロディだったりの お話を書いてる人のところなんだけど、皆さん、こぞって文章が上手い。
文の書き方はもちろん、言葉の選び方も上手なんだと思う。
例えば、プロの小説家さんのお話でも、どんなに内容が面白そうでも、 文章が面白くなかったら読みたいとは思わない。 逆に内容が薄くても、ただ一言、人を感動させられる言葉があれば それだけで『いいお話だ』と思える。
文章苦手な私に認められても、皆さんそうそう嬉しくないと思うんだけど、 こういう言葉が苦手な人間だから、かえって説得力があると思っていただけると嬉しい。
絵本なんかだと特にそう思うよ。
子供が読む為の子供の為にかかれた本。
短い文章で、少ない言葉で、子供がわかる表現の仕方で お話を作ってるんだから、本当にお見事。
随分昔に読んだ映画の評価で、『言葉はいつも想いに足りない』という言葉があった。 思った事を、思った通りに表現するのって、 正しい意味の言葉を使っていても、相手に伝わるとは限らない。 選び方は、大事だね。
その人が欲しい時に、欲しい言葉をかけて上げられる人って、 本当の意味で頭のいい人だなと素直に尊敬する。(03.03.12.)
兄弟の影響
先日、メーカーの人に掃除機を見てもらってる時、 ドライバーだの専用の磨き粉だのニッパーだの鋏だのが出てきた。 分解して組み立ててして行くのが面白くて、じーっと見てた。 (メンテの人、やりづらかっただろうなぁ・・・。)
うちは、父が消防設備の設計整備をやり、母は裁縫が得意、 兄は昔っから色んなものを分解しては作り上げるという事をしていた。
私は一応女なので、普通に行けば母の影響を受けるべきところ、 兄の影響を受けてしまったらしく、裁縫道具より、工具に目が行く。 上のまねをしてきたので。
うちは、基本的に手仕事の好きな家らしい。
販売始めて思ったけど、私にはこの手仕事がラッピングに来たらしい。 切ったり貼ったり裂いたりが大好きだ。
道理で今やってる仕事が楽しいわけだよ。
例えばこれが、姉妹だったら絶対裁縫に興味が行ってたと思うんだ。
小さい頃って、お兄ちゃんとかお姉ちゃんの真似するよね。
上で育った人はどうなんだろう? あまり、下の影響を受けたって人は聞かないね。
こんな事書いてたら、子供の頃を思い出した。 うちは熾烈だったわぁ。チャンネル争いと、おかずの奪い合いが。
ある意味、これのおかげでものすごく影響が出ちゃってるね。 今の私の体型と生活習慣が物語ってるわ。(03.02.24.)
仕事について
働いてる人の多くは、『金をもらえればいいから、あまり好きな仕事じゃなくてもいいや』 って言う人と、『どうせだったら、自分の好きな仕事に就きたい!』っていう人の、 大きく二つに分かれると思う。
私の場合は、後者。
仕事って言うのは、一日の大半を費やすものだし、下手すると人生の半分を 捧げる事になるかも知れない。 それに、何仕事したって文句が出るんだから、 どうせ文句が出るんだったら、自分の好きな事の方が張り合いがある。
そういうわけで、私は就職してからずっと、自分のやりたい事を仕事にしてきた。
転職は3,4回したが、そのどれもが、自分がやりたい仕事に就いている。
辞めた理由も様々。
完全な自己理由もあるし、どうにもならない事情で辞めた事もある。
もちろん、自分の好きな仕事だからっていつだって、面白おかしかったわけじゃない。 辞めてやる!って思った事だって何度もあるし、 逃げたい事だってたくさんあった。
今の仕事に関しては、自分でも不思議だけど、辞めたいと思った事が無い。
つらくて職場で泣いた事もあるし、どうしてそんな事を自分が言われないといけないのかと、 悔しい思いをした事もある。仕事へ行くのが、嫌だった事はたくさんあるけど。
私は、今の仕事がよっぽど好きならしい。
やりたい仕事に就くのは、結構難しいと思う。 それなのに、そういう仕事を見つけた自分が、何だかとても不思議だ。
仕事運だけは、とっても良いらしい。
その代わり、くじ運は何も無い。
100枚中、10枚位しか空クジ無いのに、 4回連続で空クジ引いた。
それはそれですごい確率と、お店の人から感心された。
嬉しくないや・・・。
きっと、普段の運を、偏って使ってるのね。
ちゃんと調整が取れてるものなんだと、自分はそっちに感心する。(02.12.07)
秋は夕暮れ
『やうやう黄金色になりゆく』だっけ?(違う、これは友達と作った替え詠だ)
学校の授業で習った事なんて、大体全部卒業と同時にお返ししてきた。
秋が好きです。
あの生ける屍状態の夏が終わって、正に生き延びた感じがします。
日が短くなって、天気が変わりやすくて、 葉っぱが色づいて、やがて何もなくなる直前。 こうして、部屋で長袖着てるなんて、 つい一月前までは、本当に考えていなかった。
秋は夕暮れが綺麗とは、昔の人の言葉だけど、 私は、その後の瞬間のほうが好きですよ。
黄昏時?逢魔が時って言うのかな?
最も事故が起こりやすい時間とも言われてるんだけど、 陽が落ちて、ほんの一時だけ、世界が真っ青になる。
夏は嫌いとか言いながら、この時間が一番綺麗に映るのは、私にとっては夏なのだ。
夏が終わって、月が綺麗に見えてきて、 夕暮れから一気に夜が来ると、もう秋だと感じる。
ところで、上に書いた話に戻るけど、 夏の一部分『蛍のおおく、とびちがいたる』って言うのがあるんだけど、 あれ、『飛び、違いたる』なのね。
ずーっと、『飛び地が、いたる』だと思って、全然意味が分からなかった。
だから、卒業と同時にお返ししてきたんだってば。(02.10.28)
晴れの得意日
その昔、何を基準に『体育の日』といったのかは知らないが、 過去何年かの気象統計上、最も晴れの多い日を、体育の日に定めたらしい。
何年か前に動いてしまった時は、少なからずショックを受けたものだ。
動いて最初の体育の日、早速雨が降って、テレビの気象情報に向かって、
『やーいやーい、適当に動かしたりするからだー。』などと ひやかしていたのを覚えている(←子供)。
同様に、『海の日』なんてのが制定された時も、 思い切りむっとした覚えがある。
自分たちが、学生のときは、そんなものはなかった。
つまり、休みが一日少なかった。
今年から、学校も週休2日制になったので、 学生からすれば、また先生方からすれば、授業の遅れだのが 問題になるのだろうが、やっぱりずるいと思っている。
今更のようだけど、休みが少なかった分、今よこせと思って、 カレンダーに逆恨みしている(←子供)。
こんな私は、今年で社会人○年・・・。自分の将来が心配だ。(02.10.11.)
子育て論
・・・どうでもいいけど、あたしなんでこんなのばっかり、 ネタにしてんだろう・・?
職場が、おもちゃとか子供服と同じ階にあるから、 毎日色んなお母さんとお子さんが、やってくる。
子供は遊びに。お母さんは買い物に。
そして連日、親子の論争を繰り広げている。
私なんて短気だから、子供が言う事聞かないで、 あんまりぎゃあぎゃあ言ってると、切れて怒っちゃいそうだ。
そんな事を、職場の同僚と話してた。
『子育てって、自分が大人になってないと、出来ないね。』
が、その人の考えは、また少し違っていた。
『でも、少し子供の部分を残しといたほうが、旨くいくかもしれないよ。
 そのほうが、子供の気持ちも、わかるじゃない。』
ああ、そうだね。すごく納得する。
ただ、私が言った『大人』って言うのとは、少し意味が違うかもしれない。 子供の気持ちも許容して、大きな心で子供と接したいって意味だったんだけどね。
子供の気持ちは、よくわかるつもりだよ。
自分が、まだ大人になりきれてないからね。
実際、子育てしてきた人はどうだったんだろう?と、 経験者に聞きたいところだったんだけど、 小さいお子さんをお持ちの人が、先月やめてしまったので、 どんなだったか聞く事が出来なかった。
色んな話を聞いて、参考にしながら、自分が成長していく。 耳年増とは、こういう事を言うのだろうか?(02.10.05)
自分について考える
先日、友人からのメールで、初めて知った事がある。
私は人から見ると、相手によって、接してる態度が違うらしい。
本人は全然意識してないから、これを、しかも友人から言われた事は、 正直言ってびっくりだ。
変えてるというより、相手に合わせてるだけなんだけどな。
例えば、優しい人と一緒にいると、自分も優しくなるとか、 明るい人が一緒だと、自分もはしゃげるとか、そういう感じだなぁ。
これを、見る人によっては『裏表がある』になるんだろうな。
ただ、作ってるわけじゃないよ。全部地です。
(って、ここで、友人に言ってみてもねぇ。)(02.09.27.)
本を読む事
自己紹介にある文章と重複するんだけど、周りの学生が夏休みで、 そういえば昔、夏休みには必ず、読書感想文を書けなんて 宿題が出ていたなんて思ったことから、こちらに書いてみました。
学生の頃、読書感想文にするには、いわゆる『文学もの』出なくては ならなかったような気がする。
学校側も、そういう類の本の感想でなければ、受け取らなかった。
でも、本来読書感想文て言うのは、『夏休み中に一冊で良いから、 本を読みなさいよ。』という意図からきてるものだと思うんだ。
あの頃私がよく読んでたのは、確かに推理小説だったんだけど、 推理小説って、最も人と人との係わり合いの深いお話だと思うんだ。 お話というより、ドラマとして面白いからのめりこめるんだし、 だからこそ、何度でも読めるんだと思う。
最近、こんなHPを作るようになって、最初の一読で感想を書いてしまうものが ほとんどなんだけど、2度3度と読み返して、感想が変わってくることがたくさんある。 いや、一番最初の感想に、上乗せしたくなるといった方が、近いかもしれない。
一度、結末まで読んでしまった本を再読する時、既に結果を知ってるからなんだけど、 こんな処にも伏線があったとか、言いたかった事の答えがここにあるとか、 そんなことに目が行く。
それに気がつくと、『どうして一読しただけで、感想載せちゃったんだろう?』と 思うこともしばしば。
だから時々、感想を差し替えてたりする。
本来、『本を読む』って言うのは、『感想文の為に本を読む』のではなく、 『何度でも読める本を読んで、自分の考えをまとめなさい、持ちなさい』と いう事だったんじゃないかと思う。読書感想文は、更に文にまとめるって事の 訓練でもあるよね。
ただね、学生の夏休みって、実に忙しいんだよ。
今なんて、時間配分が旨くなったから、それなりに時間も取れるけど、 学校の夏休みって、半分は部活にとられ、空いてる時間は他の宿題に追われ、 そこまでのもんを出すんだったら、せめて国語は、漢字の書き取りをなくして欲しかった。
本当に、今更だけど、つくづく思うよ・・・。(02.08.23)
こだわりの一品
大それたものを言ってるんじゃないですよ。ただの生活必需品です。
自分が普段使い慣れた銘柄のものって、なぜかずっと使い続ける 傾向があるようです。
例えば、歯磨き粉は『P○クリ○カ』でなくてはいけないとか、 柔らか仕上げは『ソフ×ンC』がお気に入りとか。 台所用洗剤は、この頃そういう事を言わなくなったなぁ。
最近、何物でも入れ替わったり、改良されたり、無くなったりが多くて、 気に入って使ってる者としては、困る時がある。
リップクリームは、中学の頃から『キ☆ンパスリップ(レモン)』をずっと 愛用していたのに、最近なくなってしまったみたいだし(しょうがないから、 ライムを買ってきた)、お気に入りの生理用ナプキンの(これ、こんなところで 堂々と出していいものか?)『ソ△ィサ▽・コットンふわふわシート』は、 気が付いたら、名前が変わってて探し回る羽目になったわ。
売れてる商品を、もっと売れるように、改良するのは企業としては当たり前のことだし、 売れない商品を作り続けることも無理なのは分かっているが、 せめて『名前が変わる時には予告を出して欲しい』と思うね。 (そして、生産中止の時には、残ってる製品を半値くらいで売りに出して欲しい。 買い溜めするから)
ああ、それにしても、バタープリッツはどこへ行ってしまったのかしら? どこへ行っても、見つからない。(02.07.18)
父と娘
友人に聞いた話だけど、最近のお嫁さんは、お姑さんより お舅さんとの方が、角質があるらしい。
いくら好きな人とはいえ、今までと全く違う生活習慣の中に入っていくんだから、 それはもちろん、大変だと思う。
考えてみるとね、自分の親でさえ、腹立つことが多いんだから、 他所様の親だったら、腹立つのなんて当たり前なのよ。 じぶんち振り返ったって、父親と娘って合わない事が多いじゃない。 一概には言えないことだけどね。
父そのものと言うより、父世代と折り合いをつけていくのが 難しいのかもしれないね。 『家族』になるんだったら、なおさらかもね。(02.06.27)
『敬語』について考える
先日、とあるHPに行った時、掲示板に書き込みした方が 良いかしらと思って、利用規約を読んでみた。
そこの掲示板の利用規約は何やらいっぱいあって、 読んでるだけで疲れてしまったので、結局書き込みしなかったんだけど、 そこに、直訳しちゃえば『いきなりタメ口は困る』とあった。
そりゃそうだろうと思いながら、『敬語』と言うのは、 どういった物を言うだろうと考えた。
一応、自分のところも『最初は、敬語でお願いします』と書いてはあるんですよ。 これは、本当なら受け取る私基準なんだろうけど、 うちの場合は、書き込んで下さる人の基準で良いと思うんだ。
敬語って、ただ『ですます調』使えば良いってものじゃないでしょう。 それは『丁寧語』だと私は思う。 だから、例えば、気軽な口調でも、その人に対する尊敬と 親しみがこもってれば、私は良いと思うのですよ。
それに、こちらとしても、自分より年上の人とか、目上の人とかに 思いっきり丁寧語使われても、かえって恐縮しちゃうしね。
こんな事を思うのは、自分が販売の仕事をしているかもしれない。
お客様に一番最初からタメ口利かれても、びっくりはするけど腹は立たない。 こちらに対して、信頼の情を示してくれてるのかな?と思う事はあってもね。
こういうのって、人それぞれなんだろうね。
ただ、販売の場合、お客様と販売員は、対等な立場にあるという事。
『私はお客よ!偉いのよ!』って、態度でこられると、 こちらも必要な情報を差し上げられない場合があるという事、 それだけ、知っていてもらいたいと、いつも思う。(02.06.25)
子供時代・パートU
自分の、一番古い記憶は、何歳くらいの時だろうか?
自分が何をしていて、何を考えていたか、はっきり思い出せるのは、 何歳の頃からだろうか?
自分の記憶がほとんど無い頃を含めた10年と、自分の記憶が はっきり残っている10年とでは、私は、後者のほうが、 全然短かった気がする。
それだけ、時間が過ぎるのが、早かった。
子供の頃に、親から幼い時の話を聞かされても、 昔話か、物語を聞いてる感覚だったんだけど、大人になってから、 中学生、高校生の時の話を聞くと、そんな事もあったねぇ・・・と思う。
自分の、自我があるか無いかの差だと思うんだけど、 ふと気がついた時に、もうそんなに時間がたったのかと、驚くこともしばしばなんだ。
こんな事を、改めて思うようになったのは、 先日、『歌の大○典』を見たから。
平成4年版をやってたのよ。
自分が今でもカラオケでよく歌う歌とか、ああ、この曲好きだったとか、 この年の年間トップの曲は覚えてるとか、そんな事を思いながら 見てたんだけど、『10年前だな・・・。』と、言われて、 初めてその時間の長さを実感した。
当時、既にはっきり覚えてる位、成長していたんだという事実に、改めてショックを受けた。
だって、私、あの頃から全然変わってないような気がするのに、時間だけが過ぎちゃったって、 その事に驚いたんだと思う。
きっと、これから先の10年も、同じように思うんだろうな。
10年たった時には、もう少し落ち着いた気持ちで、思い出したいものだけど、 多分、その時に、自分が子供だった頃の話を聞いても、 やっぱり昔話とか、物語のように聞こえるんだと思う。
ところで、全然変わってないと思ってたんだけど、10年前から比べると、 少し、声が低くなってるかもしれない。 あの頃、音程あげないと歌えなかった曲が、今、普通に歌えるもの。
もう一つ加えると、この頃好きだった曲も『ポカリスェット』のCMで使われてる ものだった(^_^.)(音楽の事『CMソング』参照)。(02.05.30)
精神安定剤と胃腸薬
いわゆる『頭痛もち』っていう人がいるじゃないですか?
体調が悪かったり、疲れてたりすると、頭が痛くなってしまうという人。
私の場合には、それに当てはめれば『腹痛もち』にあたります。
精神的に何かあったり、疲れたりすると、お腹に来てしまうのです。 そのせいなのか、最近は、お腹が痛くなると精神が不安定になる。
お腹が痛いから、情緒不安定になるのか、情緒不安定だから お腹が痛くなるのか・・・。
うーん、悩むところだわ。
睡眠薬とか、安定剤とか、正しいものを飲む人はもちろんいるけど、 私にとっては、胃腸薬が、精神安定剤の役割を担っている。
ちなみに、胃薬が効く場合と、胃腸薬が効く場合とあるんだけど、 その時の痛みの違いが、未だにわからない。(02.05.10)
腹白狸
中学のときの修学旅行で、班別行動をした時、うちの学年何がよかったのか、 ただの気まぐれだったのか、班毎に、タクシーを使って回ることになった。
一番最後に回った平安神宮で、お世話になった運転手さんが、班の全員にくれたのが 狸の置物だった。
よく飲み屋さんとか蕎麦屋さんとかの前に、でーんと構えてる陶器のあれです。
もちろん、あんなでかい物をくれたのはなく、一番小さいタイプの手の平版だけど。
『そのたぬきさんの腹、白いだろう?人間も、そのたぬきさんの様に、腹白でなくては いけない。』
その言葉のインパクトが強くて、私はそれを今でも大事に飾ってある。
たぬきのように腹白くって思うんだけど、よく、腹黒い人『狸』っていうじゃない?
あれはやっぱり、どっか間違ってんじゃないだろうかと、 昔から考えてるんだけど。
どっかの政治家に、その言葉ごと送ってやりたいと思う今日この頃。(02.04.24)
子供時代
『子供の頃、怒られてばっかりいた子の方が、大人になってから、まじめな人間になるらしい』
という話を、職場の人から聞いた。
それに対して、私が言った事。
『子供の頃から、あれは駄目だの、これは駄目だの言われたり、 けんかばっかりしてたりだから、何がいい事で何が悪い事なのか、 どうしたら、人が傷つくのか、痛い思いをするのかよく知ってるんじゃないかしら? おとなしい子だと、あまり、あれこれ言われてないと思うんだ。』
まるっきり、あてずっぽうだけど、『説得力』があるといわれた。
うーん、それもそうだろう。
何しろ、自分がそういう子供だったのだから。
おかげさまで、20年も前の事なので記憶にないが、親の話では、 近所の子を泣かせたり、自転車置き場の屋根を踏み抜いたりしたらしい。
小学校に入ってからだけど、遮断機のない踏切を渡って、電車を止めた。
さすがにこっちは記憶があるけど、前の二つは記憶がないなぁ。
記憶がないからって『身に覚えがありません』とは言わないが、 そんな小さい頃の事まで、責任がもてないのもまた事実。
子供の頃、悪い事はいっぱいしようといってるのではなく、 悪い事をしたときには、大人がきちんと教えてあげる事が大事だというお話。
余談だけど、もし、自分の子がものすごい腕白だったら自分に似たと思うよ。
ものすごいおとなしかったらどうしよう?と、親戚の集まりの時に話したら、 『だんなに似たんだねって、思うよ。』とあっさり言われました。
なるほどー。そういうだんなを選べば良いのか。(02.04.16)
ジャガイモの芽
毎回、ジャガイモの芽を取る時に、思うんだけど、あの黒くなってる 部分を取り除くのって、なんだか虫歯治療に似てる。
芽の部分が虫歯で、白い部分が歯。
滲みるわけじゃないんだけど、なんだか歯のあたりがキリキリするような感覚が 毎回あるんだ。
そういえば、古くなってくると、黄色くなる所も似てるかも・・・。(02.04.01)


音楽の事
『ミュージック・バトン』
* 今、パソコンに入っている音楽ファイルの容量

5.59GB
多いのか少ないのか、分からなかったんだけれど、どうやら多かったらしいです。

私が今現在使えるプレーヤーはポータブルのMDプレイヤーを除けばパソコンだけなので、 (CDラジカセが壊れたから) 保存もパソコンだし聴くのもパソコンなので、気づいたら増えてました。
これでも一応、MP3にはなっているんです。


* 今、聴いている曲

今は聴いてないです。
隣の部屋で流してるサッカー中継を聞きながら書いているので。

家にいて特にやる事が無ければ、ずっと有線をつけているので、 大体最近の曲を聴いています。 ただ、歌手名も曲名も分からないので、後で調べるというやり方ですね。
気に入った曲があれば、ダイレクトにMDに落としています。

最近録音しようと時間を見計らって待機してたのは、
・ミスチル・・・・ 『未来』、『and I love you』、『ヨーイドン』。
・矢井田瞳・・・・ 『マワルソラ』
・スムルース・・・ 『LIFE イズ 人生』
・ケツメイシ・・・ 『いいわけ』(実は、まだ発売になってないんじゃないか?)


* よく聴く、または思い入れのある5曲

・ヴィヴァルディ『四季』
多分、自分が一番思い入れてる曲ではないかと思います。
中3の時、体育祭のマスゲームに使われた曲で、 それがきっかけだったのか、高校受験の間中エンドレスで聴いてました。 今でも疲れてたり、何か曲を聴こうと思う時にはまず最初に引っ張り出してきます。

・ジョージ・ウィンストン『あこがれ/愛』
昔、彫刻の森美術館をバックにして、天気予報の時に流れてた曲です。
これは、探しました。 曲名も誰の作曲かも分からなくて、随分経ってからドラマで使われてるのを聴いて、 メモして買いに行きました。
よく耳にするのはサビの部分だけですが、とても長い曲です。7分くらいありましたね。

・坂本龍一『戦場のメリークリスマス』
正確には、『メリークリスマス・ミスターロレンス』。
兄がYMOを好きだった事から、小学生くらいの時から曲は知ってました。
これも中2の時にマスゲームに使われました。
思い出深い曲と思ってた事は無かったんですが、 高校時代に友人に話したのをその友人は覚えててくれて、 これのオルゴールを誕生日にプレゼントしてくれました。 その時には既に廃盤商品で、わざわざメーカーにまで掛け合ってくれたのです。
そういう意味では、一番思い出のある曲ですね。

・コブクロ『エール』
確か、生命保険か何かのCMソングだったはず。 これも誰が歌ってるのか分からなくて、本当に偶然に分かった時には嬉しかったです。
何でしょうね。どういうわけかものすごく気に入っていて、 2年前に携帯を変えた時に、着メロはこれになりました。 それ以来変えていないので、よほど気に入っていたものと思われます。

・ディズニー「白雪姫」より、『ハイホー』
7人の小人が好きです。
これは元々、前の携帯の着メロでした。 本当は、『エレクトリカルパレード』が欲しかったんですけど、 当時はダウンロードなんて出来なかったし、これは携帯の中に 組み込まれてなかったんです。 他に気に入った曲でこれになりました。
今でも職場からの連絡はこれにしてます。 職場からだと嬉しくない電話が多いので、自分の好きな曲の方がまだ許せるという理由で。 結構良く聴いてる覚えがあるので、よほど、職場からかかってくる事が多いのでしょう。

上記が絶対の5曲ではなく、気分によったり時期によったりで変わったりします。
他には、パッヘルベルの『カノン』とか、『主よ、人の望みの喜びよ』とかの賛美歌とか、 SENSとか普通のクラシックとか、あまり歌詞の入ってないものを聴きますね。


* 最近買ったCD

奥華子のVol2と4。

本当につい最近デビューしたばかりなので、知らない人がほとんどだと思います。 路上ライブ出身で、地元の駅でもよくライブをやっていらしたらしい。 声がすごく高くて可愛らしい感じの人です。
関東近辺にお住まいの方なら、『テプコ』のCMは見た事がおありと思うのですが、 あれの曲を歌ってるのが彼女です。


バトンを回す人は、日記にて。


普通にアーティストで言うと、小田和正、V6、スピッツ、コブクロ、 aiko、KOKIA辺りがよく聞くところ。
歌詞より曲調が好きで聴いてるところがあるので、 しつこくその曲ばかり聴く事もしばしばです。
面白いもので、一度気に入ったアーティストは、新曲出しても大体気に入るんですよね。 今は有線で聴く事が一番多いのですが、一回か二回聴いて、 「あれ?この声って・・?」と思って調べてみると、やっぱり気に入ったアーティストの 新曲だったりして。
最近流れてくる回数が多いのでよく聞いてるのは、スムルース、BUMP OF CHICKEN、 ヤイコは本当に久しぶりに聞いたんですけど、久しぶりでもやっぱり好きでした。

この項目の初期の方でも書きましたが、メディアで耳にするのは、 CMで使われてるものが一番多いはず。
「ポカリスウェット」で使われてた曲が、毎回毎回好きだったので、 今でも、使われてた曲だけ集めてアルバムを出してくれないかと思っています。


時期を置いてやると、言ってる事が変わってきそうですね。 でも、きっと、好みは変わらない。(05.08.01)
『きく』
結構どうにもならない時、ふと音楽を聴こうという気になります。 その時によって、好きな人の曲だったり、昔聞いてた洋楽だったり、 クラシックだったり。 本当に気分が落ち着かなくてどうにもならないときには、クラシックを聞くな。
聴覚に頼りたくなるのは、普段、視覚にばっかり頼ってるかなぁ?
絵を見てるほうが、落ち着くといえば落ち着くんだけど、 音楽は、聴いてると、効いてくる。
処方箋のようだね。
『音楽に国境はない』って、誰が言ったんだっけ? 参ってる時に音楽を聴いてると、名言だなぁとしみじみ思うよ。(04.11.02.)
音楽
何かやってる時とか、何かを感じた時、 一緒に、曲を思い出したりしませんか?
私にとって『音楽』とは、こういう意味で、まさにBGMなんです。
分かりやすく例をあげると、以前人と喧嘩をしたとき、 頭の中に、Kinkiの曲が流れました。
『好きになってく 愛してく』の冒頭部分。
♪『許しあえれば、話し合えれば、必ず優しくなれるのさ』♪ってところです。
曲を良く聴いてるから、咄嗟にこういうのを思い出すのかと思ってたら、 実はまるっきり逆で、何かの時に思い出す為に、曲を聴いているらしいんです。
音楽を、こういう風に使うようになったのは、多分、高校生のときから。
高校時代、私放送部所属でした。
昼休みの放送中、部活で製作したDJの間中、 自分でテーマを決めて、曲を選んでって言うのをやってたんですよね。
それがそのまま、癖になったみたい。
私にとって、音楽とのつながりは、娯楽とは、少し違うのかもしれない。
自分が、こうして書いている、内から出てくる言葉と同様、 記憶の中から、染み出してくるものなのだと思う。 だから、本の感想にも、時々歌が出てくる。
その日の気分も、曲に例えられる。これは、私に限らないと思うんだけど。
色に表したり、純粋に音に表したり、文として表したりと、 人によって違うんだけど、私の場合は、 まんま、曲が流れてくるんだと思う。
今これを書きながら、頭の中では、『明日への扉』が流れてる。 ・・・何のつながりがあるんだろう?(04.02.03)
『音』
本を読む時にBGMを流すなら、絶対クラシックに限ると思う。 じゃないと、頭の中で音と言葉が氾濫して、どっちも頭に入ってこない。 挙句に頭痛が起きてしまう。
私の場合、本も音で読んでいるらしい。
『おと』と言うより『いん』という方がしっくり来るなぁ。
勉強するときにもクラシックかけるといいなんて言うけどね。 別にクラシックじゃなくてもいいんだ。 歌声が入ってなければ。
本を読む時でも、頭の中で考え事をしてる時でも、 心の中で聞こえてるのは、自分の声だろうかと考える事がある。
頭の中に声優さんがいて、お話にあわせて語ってくれてる気になる時がある。
そう言う音が、その本の思い出になってるものもあるんじゃないかな。 昔母が読んでくれた本とか、授業で朗読があったときとか。
音と文字は、そう言う意味で、自分の中では同義語かもしれない。 (03.06.12.)
曲が好き?人が好き?
曲が先か、人が先か。一般的にはどっちだろう?
歌詞が好きで、その曲を好きになるって人は多いよね。
私の場合、歌詞より先に、曲を好きになります。
そして、大体、曲が好きで終わる場合が多いです。
その人の歌を聴く度に『この人の曲が好きだ』と思ったら曲を集めます。 その時点で、人に対してこだわりが生まれます。
最初に耳にするのは、ドラマだったりCMだったり有線だったりで、 実際に歌ってるのを見るのは、随分後になってから。
見た途端に、かっこいい!とか思っちゃうのは、曲にひきづられてるんだろうか?
これは、最近知った歌手に限らないから面白い。
5年も前から知ってる人で、今歌ってる曲がすごくいい曲で、 歌ってる人がものすごくかっこよく見えた。 今更ショックを受けてみた。
私にとって、初めてのパターンが生まれた。
その曲の為だけに人にはまり、これまでの曲も 全部集めよう!という気になってしまった。
こういうのは、曲が先というのだろうか? 人が先というのだろうか?
それにしても『歌が上手い』の基準て、皆どこで決めるんだろう?
私は、音域の広さかな?(03.04.19)
アーティスト
小田和正さんのファンです。
コンサートとかは一度も行った事無いけど、20年以上、小田さんの曲が好きです。 私の音楽の、原点といっても良いでしょう。
少し言葉が違うけど『音楽は、誰もが感動できるものだ』って言う感じの言葉を、 この人から聞きました。
だから、小田さんの曲は、やさしくて暖かくて素直なのだと感じました。
『クリスマスの約束』って、コンサートの名前なのかな? そういう番組を見てたんだけど、別の人の曲も歌うのです。
どうしてだろう?
実際、その歌を歌っている人たちが、その曲を演奏しても、 いい曲だなと思っても、あまりはっとする事は無い。
なのに、小田さんが歌うと、ものすごくいい歌に聞こえて、素直に感動する。
こういう風に、人に感動を与えられる人を『アーティスト』って呼ぶんだと思う。
もちろん、曲調とか雰囲気は、本来歌ってる人たちのほうが似合ってるし、 聞きやすいんだけどね。
ものすごく、失言かもしれないけど、ある特定の人のファンて、 こういうものじゃないのかな?(02.12.26.)
『四季』
このところ忙しくて、心身ともにストレスがたまってたから、 この状況を何とかしなくてはと思って、久しぶりにクラシックなんて聞いてみた。
私が、クラシックをよく聞くようになったのは、中学3年のとき。 受験シーズン真っ盛りの頃。
その切欠がヴィヴァルディの『四季』だった。
体育祭のマスゲームで、この曲でダンスをやったんだ。
それ以来、とてもなじみの深いものとなり、受験勉強中、ずーっと こればっかり聞いていた。
各季節ごと、長い楽章はないから、90分テープの両面に入れていて、 エンドレスにしてたんだけど、ある日テープが切れた(当たり前)。
仕方ないので、マスターテープを買った。 それも、受験終わる頃には、完全に伸びたけどね。
結局その後、CDを買ったわ。
昨日久しぶりに聞いていて、やっぱりクラシックって、 気分が落ち着くものなんだと再確認した。
集中力も増すらしいぞ。
パソコン好きだけど、画面見すぎると集中力の低下になるからね。 クラシック聞きながらだったら、丁度良いかもしれない。
クリスマスとか年末に、『第9』と一緒に演奏される場合もあるらしい。 いつか、年末にクラシックを聞きに行くのが、最近の夢である。(02.11.05)
Mighty Smile
今更のような、うちのサイト名です。
先日初めて知ったけど、これって『魔法の微笑み』って意味だったんだ。
ネットで『Mighty Smile』で検索すると、結構同じ名前のサイトさんが多い。
同時に、山下達郎さんの曲が引っかかる。
曲を山下さんで、作詞が竹内まりやさんの曲に、 『Mighty Smile』という曲が、あったんだって。 (ここで意味を知った。)
そうかぁ。皆さんは、ここから取ったんだな。
もう一つ、V6岡田君のサイトも引っかかる。
私も、V6の曲はよく聞くけど、何しろシングルしか聞かないので、 こちらは、よく判らない。
ここへお越しの方は、どちらかからサイト名を取ったと、 お思いの方もいるかも知れない。 実は、全然違うところから来てるのです。
もう解散しちゃったけど、昔、『psy’s(サイズ)』って言う 二人組みがいたの。
アルバム収録の曲に、『Mighty Smile』って言うのがあって、 サビの部分の『パノラマみたい・・・』って言う歌詞が、すごく好きだった。
ここを作る時に、最初全く違う名前にするつもりだったんだけど、 ふとサビの部分だけ思い出して『そうだ!これにしよう!』(←JRのCMののり) と突然思い立っちゃったんだ。
知ってる人って、いるかなぁ?
仲間内とかでは、結構好きな人が多かったんだけど、 多分、私以上の年齢の人じゃないと、知らないかもしれない。
こんな風に、曲の一部分だけ思い出す事はよくある。
今も、なんかの曲の一部だけ思い出して、曲名思い出せずに うなってるんだ。
なんて、題名だったっけ?いつ、思い出すだろう?(02.10.15.)
テーマソング
最近、何か一つの事をやる時に、同じ曲を歌っている事に気がついた。
例えば、道を歩くときは『水戸黄門』だったり、 電車に乗ってる時はV6だったり、仕事中あわててる時は、 『ロッキー』だったりするのだ。
まあ、上記は、違う時もあるのだけど、近所のスーパーから 家に帰ってくるまでは、何故か必ず、遊佐未森。
近所のスーパーに、夕方買い物に出て店から出ると、 真正面に空が開けるんだ。うちの地区は、区画の都合上、 4階以上の建物は建てられないらしく、その分空が広い。
向きが良いんだと思うけど、晴れた日には、綺麗に夕焼けが見える。
遊佐未森の曲は、ゆったりとして柔らかいので、 丁度そんな雰囲気が、ぴったりする風景だと思っていただけると 分かりやすいかも知れない。
ちなみに、水戸黄門を歌いながら歩くと、非常にテンポがとりやすい。 諸国漫遊のお話だからか?(02.08.05)
CMソング
タイアップ曲というのが、一番、耳に入ってくると思う。
自分の好きな特定の人たちを除けば、CMで流れてたとか、ドラマで流れてたとか、 そういった曲が、一番気に入りやすい。
でもドラマはあまり見ないから、多分、自分が『この曲すき』って思ったのは、 CMで使われている今日が多いんだと思う。
その中でも、一番はまったのは『ポカリスェット』。
新しい曲になる度に、大体気に入ってた気がする。
この流れが始まったのは、『突然』を聞いたときからかな?
曲のほうは、ダビングしたから覚えてるんだけど、 既に、アーティストは、覚えてないです。 誰だったっけ・・・?
ポカリスェットのCMソングだけ集めたCDとか出たら、絶対買うけど、 企画出して作ってくれないかしら?無理かしら?(02.05.27)